記憶の方法

記憶する方法なら記憶術

記憶する方法〜暗記の効果を高める

記憶が苦手という方は特に、より効率的に覚えたいと多くの記憶を試している人が多くいるようです。
世の中には沢山の記憶術があって、昔ながらのやり方や科学に基づいたものもあります。ですから、どれが本当に効果があるのかわからなくなるかもしれません。
より効果的にと考えると、しっかり根拠がある方法を取り入れることが適切だと思われます。

 

ときどき有効だといわれている方法は、既存の知識と関連させるというやり方で、記憶術と言われているものの元になっています。
歴史の年号を暗記する語呂合わせも既存の知識を関連させた例であって、記憶力が良い方は無意識にこの方法を実践している人が多い傾向があります。

 

また、記憶は反復することでより定着するということがエビングハウスの忘却曲線の実験からもわかっています。ですから、復習で繰り返し暗記することも大切です。

 

仮にまた忘れてしまったとしても、覚えなおすよりも労力はかかりませんし、脳がその情報を重要なものだと判断して、より記憶に深く刻み込まれています。ですから、思い出しやすくなります。

 

そして、記憶が定着するのは夜の方が効果が高いと言われています。ですから、復習の作業は夜寝る前に行うのがおすすめです。
睡眠中は覚えた記憶を整理したり定着させる大きな役割があります。ですから、睡眠は確実に取るようにして下さい。

 

暗記は1日に何個暗記するの短い期間では覚えられません。ですから計画を立てるときは長期的な視野に立って考えてみると、より効果が得られます。
毎日復習するこつこつと実行することが大切なようです。

 

 

記憶するうえで必要なツール

記憶する方法〜暗記の効果を高める

試験勉強で多くの事柄を記憶する必要がある時には数多くの方法がありますが、自信のある独自の記憶術を持っている方は少ないかもしれません。

 

一例をあげると、ひたすら書いて暗記する人、カードを作成する人、その試験範囲のCDを聞いて暗記する人、語呂合わせで暗記する人もいるかもしれません。
このような方法が果たして効率が良いのかどうかは、脳が記憶するシステムを考えた上で、記憶する教科や事柄に合わせて使い分けることが大切です。

 

とりあえず英単語を暗記するときは、1つの単語をひたすら暗記するのではなく、複数の単語を一緒に覚えていった方が効率が良くなると言われています。

 

人間は、1回で完璧に暗記するということは、よほどのことがない限りは不可能なため、それよりも繰り返し復習する方が記憶に残りやすくなります。
ですので、記憶を支援してくれるカードやソフトで繰り返し復習することが効果的な学習であるといえると思います。

 

また、英単語や英文は実際にCDで音声として聞くことで五感が刺激され、こちらも記憶に残りやすくなっていますので積極的に取り入れてみましょう。

 

そして中には歌や語呂合わせで暗記するという方法もありますが、場合によっては記憶するための強力な方法となる場合があります。
全てというわけにはいきませんが、印象に残りやすいですね。したがって、こうしたものを活用するのもいいですね。

 

暗記しなければいけない場面に応じて数多くのツールを用意しておけば、試験のときにあわてることなく勉強することができます。
暗記するのが苦手で試験で通常失敗してしまう方は、ぜひ試してみて下さい。
また記憶術でおすすめのサイトはこちらにもあります。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術