英語で役立つ長文記憶の方法

英語で役立つ長文記憶の方法

英語で役立つ長文記憶の方法

英語における長文記憶は一見するとかなり難しいと思いがちですが、実際にはどうなのでしょうか。
実は長文を記憶する方法は、重要な単語が頻繁に登場して英単語を暗記することができたり、リーディングの速読訓練にもつながったりととても効率の良いやり方になります。
文脈の中で英単語の意味や使い方を理解することは、単に英単語を暗記するよりも関連付けて暗記することができるので、記憶にも残りやすいと言われています。
実際に長文を暗記する時は、とりあえず記憶する英文の意味を最低限でも理解しておくことから始めます。
長文を記憶に残す有効な方法は、イメージ化することが1つの方法ですので、日本語訳の内容を想像したり絵に描いたりすることも重要です。
また、読むときは黙読するのではなく、実際に声に出したり紙に書くして体の動きを加えるとまた効果的です。
そして、長文の場合はまとめて一気に覚えようとするよりは、いくつかに区切って覚えていきましょう。
1つの長い文を暗記するよりも、短い英文を暗記する方が簡単にできますし、効率的であるといえます。
なお、覚えた長文をそのまま日常生活やテストで用いるということは不可能ですが、記憶した文の中に含まれているフレーズや単語が出てくれば応用がききます。ですから、ただ英単語を暗記するよりずっとメリットがあるようですね。
長文暗記は、ある程度訓練が必要なため慣れるまで難しいですが、総合的な英語力を上げるために有効であると言えると思います。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術