英単語を暗記する記憶術

英単語を暗記する記憶術

英単語を暗記する記憶術

英単語は、リーディングでもライティングでも覚えていなければ内容も理解できません。ですから暗記が必須です。
ときどき英単語を暗記するときには、紙に覚えたい単語を10回書いて、そして読んでいくという方法で記憶した人もいるかもしれませんが、この方法は労力の割には忘れやすく非効率的です。
なぜなら、一生懸命書いた英単語であっても、残念ながら書いた3時間後にはたちどころに忘れてしまう記憶の習性があるからです。
しかも、ただ英単語を書くだけで暗記すると言うことは、他に関連性を持って記憶しているわけではないですね。したがって、忘れてしまう確立も高くなってしまいますね。
もっと合理的に英単語を暗記するポイントがいくつかあります。ですから、苦手な方はぜひ実践してみて下さい。
とりあえず、英単語の場合は例文を用いてその単語の意味や用法を覚えていくと、文の構造を考えたりして頭を使います。ですから、単語を丸記憶するよりも効率が良いといわれています。
英語が苦手な人や英語を習い始めたばかりの方は短めの例文で覚え、慣れてくれば長文で英単語を暗記するとまた良いことがあります。
長文の場合は重要な単語が繰り返し登場します。ですから、記憶が定着しやすく、文脈の中で英単語の意味や使い方を理解することができるため、英語全体の学力向上につながるようですね。
また、夜寝る前にその日に勉強した英単語を復習をしたならば、睡眠中に脳が大事な情報だから忘れてはいけないと認識してくれるはずですね。さらなる記憶の定着につながります。
英単語はこういった具合に効率の良い方法で覚えていきましょう。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術