法律の専門用語暗記する記憶の方法

法律の専門用語暗記する記憶の方法

法律の専門用語暗記する記憶の方法

弁護士や税理士といった法律の専門用語も多い難しい資格試験に挑戦している受験者の多くが、勉強方法に疑問や不安を感じているそうです。
暗記しなければならない法律の専門用語が沢山出てきますので記憶が必要と必死になります。効率的に暗記する方法を模索している方々も少なからずいらっしゃいます。
そもそも人間の脳は、記憶することよりも忘れることの方が得意だと言われています。
そんな脳に物事を法律などの難しい専門用語を記憶させるためには、記憶する情報を厳選して少なくしていくことと、何度も繰り返すことで脳に同じ刺激を与え続けることが重要です。
一例をあげると、問題集を選ぶ時は、より専門用語が沢山載っているような分厚いものを選びがちですが、効果的に記憶するには簡単で量が少ないものを選ぶほうが良いといわれています。
繰り返し与えられた刺激は脳が記憶しやすく、同じようなことが書かれている新しいものを読んでしまうと、違う刺激としてとらえてしまうので脳は記憶してくれなくなるそうです。
また、物音ひとつしない部屋よりも、人の出入りや適度な雑音がある環境の方が、人間の脳は学習に集中できるそうです。
最近リビング学習というのが話題となっていて、物音がするような場所のほうが学習効率が良いということの証明になっています。
そして勉強する時間も、早朝に勉強する方が優れた効率や成果を発揮すると科学的に確かめられ実証が裏付けられています。
これは、朝起きて朝日を浴びると脳が覚醒し、ドーパミンが脳の前頭葉から脳の各部分に大量に放出されて、記憶をつかさどる脳の中枢神経の働きが強まるためです。
こういった具合に今まで良いとされていた方法ですが、脳科学に基づいて効果的に記憶していけば、難しいことが沢山書かれている法律でさえも簡単に覚えられてしまうとのことです。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術