日本史の暗記方法

日本史の暗記方法

日本史の暗記方法

試験勉強の中で記憶力が必要な教科の1つに日本史があります。
年代に合わせてどれだけの事柄を暗記しているかで点数が決まってしまうと言ってもよい教科です。
もともと歴史が好きな方は問題ありません。しかし歴史があまり好きではない人や暗記が苦手な人には時間がかかってしまうのではないでしょうか。
日本史こそ効果的に暗記する方法を身につけて乗り切りたいものです。
日本史を暗記していくのにはさまざまなやり方がありますが、語呂合わせがポピュラーな方法だと思われます。
特に年号を暗記するときには有効で、数字の音から連想する言葉を文章にすることで、覚えにくいものも印象に残りやすくなります。
最近は日本史の語呂合わせの本も売られていたり、自分で語呂合わせを考えなくても暗記することができるサイトもあります。ですから、それらも活用することをおすすめいたします。
語呂合わせの特徴は、印象に残すことで忘れにくくなり、何十年も暗記する長期記憶にすることができるというところです。
一例をあげると、794年の「泣くよウグイス平安京」は、何十年も前に勉強した大人になってからも記憶している人が多いですね。したがって、暗記の効果のほどが分かるのではないでしょうか。
また、日本史では重要な人物の出来事や年号を1枚のカードにまとめて暗記するという方法も有効です。
大切なのは何度も何度も繰り返し復習することで、こちらも暗記に深く定着することになりますし、弱点も把握することができます。
このような記憶しやすいツールを利用すれば、日本史に対する苦手意識を払拭できるかもしれません。ですからぜひ実践してみて下さい。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術