社会を楽しく暗記する記憶術

社会を楽しく暗記する記憶術

社会を楽しく暗記する記憶術

社会科での記憶は、意味をよく理解しないで丸記憶する人がいます。しかしこの方法では苦労して覚えてもたちどころに忘れていってしまいます。
社会では暗記しなければいけない事柄が沢山あって、ただ暗記するのは効率が悪いですね。したがって、他と関連させて記憶の整理をしていくことが大切になってきます。
一例をあげると、地理で日本の都道府県の地図を暗記するときは、ただ地図と都道府県を見て暗記するのではなく、知名度の高い都道府県の位置を元にその近隣の県を覚えたり、特徴のある位置で覚えたりします。
また歴史では、覚えたい人物に関わる人や事柄をセットで覚え、その時代に他の国はどういったことが行われていたかも一緒にまとめていくことが大切です。
最近は理由を問うような記述問題も多く出題されます。ですから、関連付けて暗記する記憶術はこのような時にも役に立つことと考えられます。
また、時間がある時は、社会を楽しく暗記する方法もいくつかあります。ですから、試してみることはかなりおすすめです。
ときどき歴史の年号で行われる語呂合わせは、既存の知識と関連することの一例で、楽しみながら自然に日本の歴史や歴史人物を暗記することができ苦手意識が払拭できる方法です。
また、都道府県の位置をパズルを通して暗記することもイメージを伴って覚えていきます。ですから、より効果的に勉強することができます。
楽しいことはすぐに身につくとときどき言われています。ですから、事柄を記憶するだけではなく、興味関心を育てることも社会科にとっては重要になってくると思います。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術