記憶力と効率とストレスとの関係

記憶力と効率とストレスとの関係

記憶力と効率とストレスとの関係

難しい試験では膨大な量の知識を的確に記憶しなければいけません。ですから効率アップを望んでいる人が多くいると聞きます。
効率的ではない勉強方法で記憶を行うと、ストレスがかかり、その割には覚えられなくて更にストレスを溜めることになりかねません。
精神的ストレスが溜まると脳が緊張状態になります。ドーパミンの記憶力を高めるために必要な脳内物質の分泌が激減し、更に記憶力が低下すると言われています。
また、モチベーションの低下にもつながってきます。ですから、どうしたら効果的に覚えられるか検討することをおすすめいたします。
最近は、効率がアップするような商品が沢山出ています。ですから、ストレス軽減を外部から行なってみるという方法もあります。
一例をあげると、勉強する際にデスクライトがない場合は、使用してみることをお勧めします。
夜薄暗い中勉強するのは目の疲れを起こし、目は明るい部分に注視する傾向があります。ですから、より集中して取り組むことができます。
またアロマも効果的で、用途によって数多くの効果がありますので利用することをおすすめいたします。
勉強や仕事をはかどらせたい時や集中力を強化させたい時は、ユーカリやローズマリー、ペパーミント、スイートマジョラムを選ぶことはかなりおすすめです。
加えて、記憶した内容を定着させたい時は、質の良い睡眠に効果のあるローズやゼラニウムを選ぶと効果が高いといわれています。
こういった具合に普段何気なく使用しているものであっても、ストレスに感じているものは意外に多いため、それを取り除いてあげるだけでも効率が良くなる方法の1つですのでぜひ試してみて下さい。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術