記憶力と集中力を低下させる食品添加物の害

記憶力と集中力を低下させる食品添加物の害

記憶力と集中力を低下させる食品添加物の害

試験勉強をしている時に、せっかく記憶したことでも覚えていない、勉強しても集中力がないの悩みを抱えている人がいるかもしれません。
勉強方法や周りの環境に問題がないと言う方は、もしかしたら普段の食生活が影響しているかもしれません。
記憶力や集中力を阻害する1つの原因として、食品添加物の摂取が挙げられます。
食品添加物は、何千種類というものが私たちの食べている食品に含まれていると言われ、それらの中には有害物質が含まれているものもあります。
これらの食品添加物が記憶力や集中力、理解力の低下の原因の1つといわれています。
1日の食生活がお菓子やジャンクフード、コンビニの弁当に頼った生活は、質の悪い添加物が含まれている場合があります。
また、このような食生活には脂質を大量に含んでいる場合が多いですね。したがって、DHAの栄養素の吸収を阻害するといわれているトランス脂肪酸にも注意が必要です。
そして最近の研究では、鉛が特に低年齢の子供の記憶力や記憶力の低下を促す物質ということがわかってきています。ですから、鉛の解毒になるビタミンCを摂る方法も推奨されています。
また、タバコの嗜好品はリラックスして集中できるという人がいます。しかし逆に集中力が下がってしまう研究結果が報告されています。ですので、集中力には禁煙が必要です。
こういった具合に、食生活を改善して体に有害な栄養素を避ける方法は、心身のバランスを整え、記憶力や記憶力にも効果がある方法ですので、日々の生活に取り入れてみて下さい。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術