記憶が得意な人と苦手な人との違い

記憶が得意な人と苦手な人との違い

記憶が得意な人と苦手な人との違い

ときどき記憶が苦手だという人を周りでときどき見かけます。
実は、人が皆同じように記憶力を持っていることは、記憶に関する数多くの実験からも、ある程度確かめられ実証が裏付けられています。
記憶が得意な人と苦手な人の差が出てくるのは、記憶の方法に違いがあるからだといわれています。
暗記することが苦手という方は、記憶のプロセスを理解し、それに従うということも大切になってきます。
方は情報を脳に記憶できるように符号化していき、それが貯蔵され、思い出すときに検索されて出てきます。
一例をあげると、試験問題で勉強していることでも出てこないのは、その記憶の符号化に失敗したことになります。
また、覚えていることであっても、のどまで出かかっているのに答えが出ないのは、検索に失敗したことになります。
そして、大切なことはこの情報をバラバラに貯蔵するのではなく、整理して、記憶同士を互いに結びつけ、まとめるようなイメージで記憶するのが効率が良いといわれています。
その為には、普段からものを暗記するときは、他の知識と結びつけるよう意識する方法が効果的に暗記する方法となるようですね。
ときどき記憶が得意という方は、この他の知識と結び付けを無意識に行っている人が大半のようです。
また、脳が新しい知識を暗記する時には反復が必要となります。
覚えたことを繰り返すことで、脳に忘れてはいけない情報だということを深く刻み込ませなくてはいけません。
こういった具合に脳のプロセスを理解しながら覚えていくと、効果的に暗記することができると思います。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術