糖で記憶力を高める

糖で記憶力を高める

糖で記憶力を高める

書いたり記憶したり集中して勉強するときには、頭の回転を少しでも良くする方法を知りたい思う人も多いようです。
そのための1つの方法として、普段から脳の活性化につながるような食べ物を積極的に摂りたいという人が増えています。
脳は人の体の約2%の重さでできています。しかしエネルギーの消費量は約18%も占めています。
これだけ見ても、普段何気なく食べているものが脳にエネルギーとして送られていることが分かるので、できるだけ効果のあるものを食べておきたいところです。
脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、脳はブドウ糖を貯蔵しておくことができません。
常に血液中からブドウ糖を供給してもらわないといけません。ですから糖分が足りていないと確実に脳の回転が下がってしまうとのことです。
特に朝食前は脳がエネルギー不足になっています。ですから、朝食に糖分を含む炭水化物をしっかり摂る方法が頭の回転が良くなると言われています。
実際に朝食を食べた方は、絵や単語の記憶力に優れた結果を残したというデータもあるくらいですね。朝食でしっかり脳を働かせましょう。
また日中何かの勉強や仕事に集中した後は、休憩のリラックスと同時に、飴やチョコレートの甘いものを食べることもお勧めです。
集中した後は脳のエネルギーを消費しています。ですから、それを素早く補給するために消化、吸収が早い糖分を摂るようにしましょう。
注意したいのは、脳は糖分の消化を睡眠中には行いません。ですから寝る前に糖分を摂ることを控えて下さい。
睡眠中に脳が糖の消化活動をしてしまうと、睡眠の質が著しく低下し、せっかく記憶したものも記憶として定着しにくくなりますので注意しましょう。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術