テスト勉強の記憶は時間管理が大切

テスト勉強の記憶は時間管理が大切

テスト勉強の記憶は時間管理が大切

テスト勉強をする際には暗記しなければならない事が沢山出てきます。ですから、どれから手をつけたら良いかわからない人も多いようです。
テスト勉強で記憶する時は時間管理をすることが重要で、スケジュールを立てて覚えていくことが最大のポイントになります。
範囲を見て、どのくらい勉強する必要があるかを把握するということは、効率化につながるからです。
そして、テスト勉強の記憶術は多くのやり方がありますが、ただ漠然と暗記するのではなく、記憶の仕組みを理解してから暗記することが大切です。
人間は1度覚えたことの半分を1時間後には忘れてしまい、1日経つとまた半分を忘れてしまうのだそうです。
ですから記憶したいものを一度に沢山詰め込む方法は効率が悪く、短時間で何回かに分けて暗記する方が良くなります。
また大切なことは、覚えたことを次の日にもう一度確認することで時間が経っても忘れにくくするということです。
もう1度再認識することをフィードバックと言い、このフィードバックの機会が多ければ多いほど試験の結果にも差が出てくるはずです。
また、寝ている間に記憶が定着します。ですから、覚えたらたちどころに寝ることが大切です。
記憶したいものがある時は寝る前に覚え、翌朝もう1度チェックし、1週間後もう1度チェックすると覚え方が通常と違うと実感できるようです。
テストが迫っていて徹夜をしてしまうと言う人がときどきいます。しかしこの方法からいくと、せっかく覚えても効率が悪いですね。したがって、少しでも寝るほうが得策です。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術