記憶の定着と「気分」との関係

記憶の定着と「気分」との関係

記憶の定着と「気分」との関係

記憶しなければならないものがある時は、長い時間ノートにひたすら暗記する事柄を書く方法もありますが、楽しい方はあまりいません。
逆にゲームやパズルで何気なく覚えたものは、後になっても覚えていることがあって、不思議に思う人もいるかもしれません。
実は、人間の記憶は気分にも影響されることがわかっています。
楽しい気分の時には記憶力も向上すると言われていて、ゲームやパズル自分が好きなことをしながら覚えたことは、ひたすら暗記したものよりも記憶に定着しやすくなるようですね。
なお勉強においても、気分転換をする方法を利用する事は可能ですが、毎回あなたの好きなことばかりしているわけにはいきません。
楽しく遊びながら勉強するとなると、暗記するまでに膨大な時間がかかってしまいます。ですから、少なくとも勉強している時は苦痛に感じる方々も少なからずいらっしゃいます。
この場合は、楽しい気分を取り入れて上げるということが逆に効率化につながることもあります。ですから、実際に取り入れてみましょう。
記憶にはストレスが大敵と言われています。ですから、適度に休んだり、好きな音楽を聴いたりということは良いことだそうです。
授業時間に休み時間があるのも、休憩をはさむことで脳が気分転換をして、次の時間をより効率的に過ごすことができるからだと言われています。
一例をあげると、1時間・1時間半おおよその時間を決めて勉強し、気分転換をすることは、より集中して記憶することができる1つの方法として適度に行ってみることはかなりおすすめです。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術