記憶と睡眠との関係

記憶と睡眠との関係

記憶と睡眠との関係

試験が近づいてくると記憶したいものを頭に詰め込んで徹夜をして勉強する人がいます。しかし実際に効率が良い方法なのでしょうか。
最近の研究では、睡眠が記憶の整理と固定に大きな役割を果たしていることがわかっています。
睡眠は、当然体を休める目的もありますが、脳にとっては1日の情報を整理して、その日に覚えたことを脳に深く刻む時でもあります。
ですので、記憶したいものがあっても睡眠をとらなければ脳に記憶として定着さえることができなくなってしまうとのことです。
試験の前に遅くまで勉強したり、徹夜をしてしまうとせっかく覚えても睡眠による記憶の定着ができないですね。したがって、たちどころに忘れてしまうのだそうです。
具体的に何時間寝ると定着されるかというと、世界的な脳科学者たちのデータでは1日6時間から7時間程度となっています。
大切なことは、この6時間から7時間の睡眠時間が連続した時間ということで、2時間起きて3時間寝るというような分断した睡眠では脳に定着するのは難しくなります。
逆に言うと、記憶したいものがある時は寝る直前に勉強し、翌朝もう1度復習するという方法が、最も効果があると言われています。
寝ながら勉強することができるというのは夢のような話ですが、実際には睡眠時に脳は休むのではなく深く刻み込む重要な作業をしているようですね。
眠いのに我慢して夜遅く勉強したり、一夜漬けで暗記する方法は大変効率が悪いですね。したがって、早寝早起きを心がけることで脳に十分な作業時間を持たせてあげましょう。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術