長い文章を暗記する方法

長い文章を暗記する方法

長い文章を暗記する方法

試験勉強では暗記しなければいけない事柄がたくさんありますが、特に長い文章を記憶するというのは得意な人でも時間がかかり、途中で嫌になってしまったり諦めたりする人もいるかもしれません。
しかし、長い文章でも記憶術を少し変えてみることで覚えやすくなることもあります。
一例をあげると、長い文章をひたすら文字を追って暗記するのではなく、イメージに転換していく方法に変えると覚えやすくなります。
実際に脳は、文章をそのまま暗記するときには左脳を使い、それをイメージで覚えようとすると右脳で変換していきます。
左脳と右脳の両方を使うことによって、記憶が残りやすく効果的に暗記することができるようですね。
また、このイメージで記憶した長い文章を何回も繰り返して暗記することが大切です。
人間は初めて覚えたことでもたちどころに忘れてしまう傾向があって、特に長い文章は1回で簡単に頭に入るものではなくなります。
とりあえずは諦めずに何度も反復することをおすすめいたします。
また暗記するときに有効な方法として、長い文章を黙読するのではなく、実際に声に出して読んだり書き写したりすると効果的です。
脳は五感を使って覚えていたものは暗記しやすいと言われています。ですから、取り入れてみることはかなりおすすめです。
そして長い文の場合は、内容を確実に理解しながら覚えておくと、万が一忘れてしまっても後から思い出すことが簡単になります。
こういった具合に、脳に記憶するシステムを理解しながら暗記をしたならば、長い文章でも比較的楽に暗記することができますので参考にして下さい。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術