五感で記憶する方法

五感で記憶する方法

五感で記憶する方法

勉強するときは記憶力が成績を左右すると言っても良いほど重要になってきます。
誰しも効果的に覚えたいと思っています。ですから、方法を模索している人も多くいるようです。
最近では記憶するときには、いくつか効果的なやり方が脳科学によっても確かめられ実証が裏付けられています。
その中の1つが視覚、嗅覚、味覚、聴覚、触覚の五感を使って暗記するという方法です。
昔から、体を使って覚えたことは忘れないと言われるように、五感を使って体に覚えさせるというやり方を記憶にも利用するようですね。
暗記するために五感を使うというイメージが掴めない人がいるかもしれませんが、ちょっとした簡単な作業で記憶効率を上げることができます。
一例をあげると、英単語は文字を実際に声に出して読むことで、視覚、聴覚の五感を使うことになります。
単純に書くだけよりも、脳の中でそれぞれ違ったところが働いているので、長期にわたって記憶することができるとされ、忘れにくくなるようですね。
一度五感を使って覚えておくと、2度目以降は書いて実際に発音した部分を思い出したり、解いた問題の方法を思い浮かべるだけでも十分復習になります。時間短縮につながります。
勉強するときには、普段から五感を使って暗記する方法を積極的に取り入れておくと、試験の前で復習の時間に差が出てくると思います。
特に音読することは、国語の文章問題だけではなく、数多くの部分に応用できるやり方ですので、取り入れてみることをお勧めします。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術