語呂合わせによる暗記方法

語呂合わせによる暗記方法

語呂合わせによる暗記方法

試験勉強の中であっても、記憶しなければならないものに苦手意識がある人も多いのではないでしょうか。
暗記に苦手意識がついてしまうと、どうしても楽しく覚えられなくなってしまいます。ですから、そんな時には語呂合わせで暗記するという方法もあります。
語呂合わせとは、数字や単語をその読みの音から別な単語や文章に変えていくもので、日本でも電話番号や暗証番号多くのことに使われています。
語呂合わせは一見楽しんでいるだけのような印象がありますが、暗記しなければいけない事柄を印象付けて脳に深く刻み込むことができます。ですから、有効なやり方になります。
一例をあげると、勉強の中で一番身近な語呂合せといえば歴史の年号が有名ですが、そう簡単に覚えられない数字でも語呂合わせを取り入れることで数字以外の印象も残ります。ですから、覚えやすくなります。
今では、歴史に限らず理科や英語でも語呂合せが使われ、それを集めたサイトも沢山あります。
また、最近では語呂合わせを自分で考えて作成するフリーソフトや語呂合わせ用の教材まであります。
このようなサイトやソフトを利用しながら、自分に合った語呂合わせを探して覚えていく方法もあります。ですから、記憶がどうしても苦手な方は活用することをおすすめいたします。
ただし、語呂合わせは面白いものや音があてはまっているもの以外はかえって記憶の負担になってしまうことがあります。
語呂合わせといっても、肝心な事柄を忘れてしまっては覚えている意味がなくなってしまいます。
語呂合わせも1つの暗記ツールと考え、場面に応じて利用するようにしましょう。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術