暗記はイメージが記憶

暗記はイメージが記憶

暗記はイメージが記憶

授業では確実に文章を記憶する必要がある時がありますが、ただ単に覚えようと思ってもそう簡単に難しいかもしれません。
そういう方は、文章をそのまま記憶しようとしたり、黙読しただけだったり、1度で全て記憶しようとしたりと効率が悪い方法で記憶している可能性があります。
暗記するのが苦手という方は、文字ではなくイメージを活用してみることをお勧めします。
このイメージとは、記憶する必要がある文章を実際の場面に置き換えて想像して一緒にイメージする方法で、脳の中でも右脳を使うやり方になります。
記憶は脳の中の海馬と呼ばれる部分が司っていると言われています。しかし海馬の近くにある感情を司る器官の扁桃体が記憶する時に連動をしたならば、その記憶はより深く海馬に焼き付けられると言われています。
また、認知心理学の記憶の実験であっても、文字よりも画像の方が覚え易いという結果出ており、脳では文字とイメージの両方で記憶して、暗記するために印象に残りやすいそうです。
実際に、いわゆる記憶力に優れている人というのは、ものを暗記すると同時にイメージでも記憶する人が多いようです。
イメージで記憶することをしていなかった方は、慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、記憶するときに実際に自分がやっているように覚えていくと、初めての人でもやりやすいようです。
慣れてくると自分が意識しなくてもイメージで覚えていく方法分かり、自然と記憶したり記憶したりすることができるようになってきます。ですから、実践してみて下さい。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術