誰でも簡単にできる記憶術

誰でも簡単にできる記憶術

誰でも簡単にできる記憶術

試験前で記憶したい事柄がある時は、できれば効果的に覚えたいという人が多くいます。
自分なりに覚えやすい方法だと考えたことであっても、実は無駄が多く、結果的に覚えていなかったという経験がある人もいるかもしれません。
そんな人に、誰でも簡単にできる効率の良い記憶術の1つをご紹介しましょう。
多くの情報を記憶するというのは、脳がその情報を大切だと認識した時だと言われています。
脳に大切な事柄だと認識させる方法の1つに、繰り返して暗記するということがあります。
初めて覚えたことはその直後に繰り返し復習し、回数を重ねていくうちに脳に忘れてはいけない情報だと認識させるようですね。
万が一後から忘れてしまったとしても、繰り返し復習することで忘れにくくなるようですね。
試験で長期間記憶しておきたいものは、5回復習することが望ましく、少なくても3回は復習した方が効果が高いといわれています。
回数が多くて大変だと思うかもしれませんが、回数を重ねるごとにわかっている部分が増えていきます。ですから、できない部分を最後まで集中して勉強することができます。
また、記憶したいものがある時は寝る前に暗記する方が効果的です。
睡眠中は記憶したい事柄が脳に定着していく時間になりますね。ですので、寝る前に覚えたことは記憶に新しいので脳に深く刻み込まれやすくなります。
そして、翌朝もう1度復習するのが最も効果が高い方法だといわれています。
多く復習した知識ほど忘れにくくなりますね。ですので、試験前にぜひ取り入れてみて下さい。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術