丸暗記は効果の無い記憶方法

丸暗記は効果の無い記憶方法

丸暗記は効果の無い記憶方法

試験勉強で覚えたいところは、教科書や参考書を丸暗記すれば良いと考えている人がいます。
丸暗記は、ただひたすら頭に詰め込む作業をしていけばよいという意味では一番楽な方法かもしれません。
特に暗記することに自信のある方は、この方法で実際の試験でもこなしてきたのかもしれませんが、これが受験だったり難しい資格試験だったりするとそう簡単な話では済まされません。
必死で覚えたとしても、入試や資格試験にはその通りに出るはずもありませんし、傾向もまったく異なりますね。ですので、応用力が皆無になってしまうことと思われます。
丸暗記は労力のわりに報われないことが多いですね。したがって、時間の無駄といっても過言ではありません。
最近ではより効率的に暗記する方法が科学的に確かめられ実証が裏付けられています。ですので、実践してみることをお勧めします。
とりあえず、記憶するためには人間の脳に印象付けることが大切だといわれています。ですので、五感を使うと脳により深く印象を刻むことができ、記憶しやすくなると言われています。
一例をあげると、覚えたい部分を声に出して読むことで視覚と聴覚からも刺激を受け、話すことで記憶の定着をはかることができます。
そして、人間は1時間後には半分、1日経つとまた半分を忘れてしまうと言うエビングハウスの忘却曲線から、時間をかけて暗記するよりは繰り返し暗記する回数を増やしたほうが効果的です。
中でも人間は睡眠中に記憶の整理をします。ですから、覚えたいものがある時は寝る前に覚えて翌朝復習するのが最も効果が上がるといわれています。
丸暗記のような非効率的なやり方ではなく、効果が上がる方法を試してみて下さい。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術