アウトプットして記憶する方法

アウトプットして記憶する方法

アウトプットして記憶する方法

せっかく一生懸命記憶したのに、実際の試験で思い出すことができず間違えてしまったという経験がある人もいるかもしれません。
その場合は、説明を聞いて理解している状態、つまりインプットしている状態であっても、実際に問題を解くこと、つまりアウトプットできていないということになります。
残念ですが、この方法では本当に理解したということにはなりません。
ただ漠然と参考書を読んでいたり、書いて覚えたとしても、脳にほとんど記憶には残りません。
実際に覚えた知識で問題を解く方法は記憶に残りやすく、知識が定着しやすのです。
具体的に、覚えた知識を使って問題を解いてみましょう。
最初は簡単な一問一答式でも良いですね。したがって、問題を解き、次の日、また3日後にももう1度同じ問題を解いてみます。
できなかったものは必ずチェックすることで、記憶したものを実際にどこまで書くことができるかを確認することが大切です。
人間の記憶力には人によって癖があって、覚えやすい情報とそうでない情報があります。ですから、ここまでチェックして間違う問題は覚えにくいものと考えましょう。
それを無理にまた記憶しようと思うのではなく、他に比較的覚えやすいものを覚えてから再度チェックしてみるのがお勧めです。
ここまで復習するとだいぶ定着したという効果を実感することができると思います。
効果的に記憶するには演習というアウトプットが必須であって、アウトプットがきちんとした知識として脳に刻み込むことができるやり方になります。

 

暗記が得意になるおすすめの記憶術